表7−16 世帯類型別特殊世帯の世帯数:1975〜2003年    
            割  合  (%)
年次   高齢者1) 2) 3) その他の 高齢者1) 2) 3) その他の
   世 帯 母子世帯 父子世帯 世帯  世 帯 母子世帯 父子世帯 世帯
1975 32,877 1,089 374 65 31,349 3.3 1.1 0.2 95.4
1980 35,338 1,684 439 95 33,121 4.8 1.2 0.3 93.7
1985 37,226 2,192 508 99 34,427 5.9 1.4 0.3 92.5
1990 40,273 3,113 543 102 36,515 7.7 1.3 0.3 90.7
1993 41,826 3,913 493 83 37,338 9.4 1.2 0.2 89.3
1994 42,069 4,252 491 90 37,236 10.1 1.2 0.2 88.5
1995 40,770 4,390 483 84 35,812 10.8 1.2 0.2 87.8
1996 43,807 4,866 550 85 38,306 11.1 1.3 0.2 87.4
1997 44,669 5,159 535 79 38,895 11.5 1.2 0.2 87.1
1998 44,496 5,614 502 78 38,302 12.6 1.1 0.2 86.1
1999 44,923 5,791 448 88 38,596 12.9 1.0 0.2 85.9
2000 45,545 6,261 597 83 38,604 13.7 1.3 0.2 84.8
2001 45,664 6,654 587 80 38,343 14.6 1.3 0.2 84.0
2002 46,005 7,182 670 86 38,067 15.6 1.5 0.2 82.7
2003 45,800 7,250 569 73 37,908 15.8 1.2 0.2 82.8
厚生労働省統計情報部『厚生行政基礎調査報告』(1985年以前)及び『国民生活基礎調査』(1986年以後)による。全国の世帯及び世帯員を対象とした標本調査。
1)65歳以上の者のみで構成するか,又これに18歳未満の未婚の者が加わった世帯。
2)死亡・離別その他の理由で,現に配偶者のいない65歳未満の女と20歳未満のその子のみで構成している世帯。
3)死亡・離別その他の理由で,現に配偶者のいない65歳未満の男と20歳未満のその子のみで構成している世帯。