表4−14 父母が結婚生活に入ってから第1子出生までの期間別摘出出生割合及び平均期間:1955〜2003年
(%)
期間キカン 1955年 1960年 1965ネン 1970年 1975ネン 1980年 1985ネン 1990年 1995年 2000年 2003年
総数ソウスウ 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0
1ネン未満ミマン 38.5 36.2 35.5 37.9 39.4 41.1 41.5 41.2 38.5 40.0 38.1
1〜2 43.7 39.5 40.8 38.3 39.9 36.8 35.5 33.8 32.0 28.3 27.1
2〜3 9.8 14.4 12.8 12.9 11.2 10.8 11.6 12.2 14.0 13.9 14.3
3〜4 3.4 4.6 5.0 4.7 4.5 4.7 5.0 5.4 6.7 7.5 7.7
4〜5 1.6 2.1 2.4 2.4 2.1 2.5 2.4 2.8 3.5 4.4 4.5
5〜6 0.9 1.3 1.3 1.4 1.1 1.5 1.4 1.6 2.0 2.6 2.9
6〜7 0.6 0.7 0.8 0.8 0.6 0.9 0.8 1.0 1.2 1.6 1.8
7〜8 0.4 0.4 0.5 0.5 0.4 0.6 0.5 0.6 0.7 1.0 1.3
8〜9 0.3 0.3 0.3 0.3 0.3 0.4 0.4 0.4 0.5 0.6 0.8
9〜10 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.3 0.3 0.3 0.3 0.4 0.5
10〜15 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 0.4 0.6 0.6 0.6 0.7 0.9
15〜20 0.1 0.0 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1
20年以上 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
平均ヘイキン期間キカン 1.68 1.79 1.82 1.81 1.72 1.61 1.80 1.66 1.78 1.89 2.0
厚生労働省統計情報部『人口動態統計』による。1970年以前は沖縄県を含まない。第1子出生は,母の出生順位についてのもの。